英語力アップにつながるTOEIC

英語を勉強したいという漠然とした気持ちでいると、勉強時間を多く確保してもなかなか能力がアップしないものです。目標を持って英語を学んでいくためにも、TOEICでの高得点を目指すようにするとよいでしょう。TOEICは、国際的な英語能力を測定するための試験です。国内で開催されている資格試験と異なり、その評価は海外の大学へ留学するときなどでも有効とされています。これで高得点を獲得することは、英語を学んだ後の道を選ぶ際にも使えることを意味するのです。出題内容がバラエティに富んでおり、英語能力を総合的に鍛えられる点も優れた試験と言えます。リーディングはもちろん、リスニングに関しては会話やニュースの内容など難易度の高いものが問われ、単語を組み合わせて英文を作る英作文なども出題されます。こうした出題に向けて学習することで、自ずと自分の英語力をアップさせることができるのです。

TOEICを実施する企業が増えてきている

TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストの略称で、英語を母国語としない人を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を評価するための試験で、世界約90ヵ国で実施され、年間のべ約500万人が受験しています。テストはリスニングとリーディングからなり、合否ではなく10点から990点の点数にて評価されます。英語能力を図るために社内でTOEIC試験を実施する企業もあり、非常に重要な資格の一つとして考えられるようになってきました。就職活動や転職の際にもTOEICの点数で英語能力をアピールすることが可能です。企業によっては受験時の点数のノルマを設定しているところもあり近年のグローバル化に伴い、その重要性が高くなっています。対策テキストは色々な種類があり、自分の苦手な分野に応じて独学で学ぶことができる資格の一つでもあります。

私のTOEIC受験記

私が始めてTOEICを受験したのは大学生の時でした。就職活動を始めるにあたって、英検や秘書検定などとあわせて受験しました。外国語大学に通っていたこともあり英語にはそこそこ自信があった私ですが、結果は撃沈でした。周りのクラスメイトが軒並み800点超えのスコアを出す中、なんとまさかの500点台。普段の成績は決して悪くないこともあり、恥ずかしくて周りの友達に点数は言えませんでした。原因は明白です。問題集を1冊購入して試しに1回解いてみただけで、特に準備らしい準備をしなかったからです。本番はとにかく時間が足りなくて、最後の方はマークシートを塗るだけで精一杯でした。これでは履歴書に書けないと焦った私は、その後TOEIC用の勉強をして3ヵ月後に再度受験しました。結果は700点でした。外大生としては非常に微妙な点数ではありますが、一般的に見れば悪い点数ではないのでひとまずホッとしました。TOEICはそれ用のテクニックが必要な特殊なテストです。それ用の勉強をすれば必ず点数はあがりますので、やりがいのある資格だと思います。

メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 当スクールでは、英語能力に関する試験の対策として効果的な指導を行っており、正しい学習法に関する指導も行っています。 著書『資格の取れる専門学校・ダメな専門学校』で、TOEIC部門の「全国最優秀校」に選出されました! 他社との違いは本物の英語力を養うことで、試験での得点だけではなく、実際に会話で使用できる英語力を身につけることができます。エッセンス・イングリッシュ・スクールでTOEICの試験対策を受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です